BitLockerドライブ暗号化を有効にする方法

スポンサーリンク

BitLockerを有効化する方法です

スポンサーリンク

BitLockerとは

Windows10 Pro以上で利用できる標準の暗号化機能です。

ですのでHOMEとか使っている場合には無縁な機能です。

BitLockerはディスクを暗号化してくれるので、仮に盗難にあった場合でも
ディスクからデータだけを全て抜き出されるといった心配もございません。

スポンサーリンク

BitLockerは外部ストレージに対してもかけられる

たとえば外付けのSSDに対してもかけられます。

持ち運びする外部ストレージに対しても暗号化をかけられるのは素晴らしいですね。

設定もWindowsが認識しているディスクに対して
「BitLockerを有効にする」をクリックするだけです

bitlocker

スポンサーリンク

BitLockerは使えるなら使っておいた方が良い

WindowsのPCを購入する時にHOMEを選んでしまうとこのような機能が使えない!
と、こまることになります。ですのでOSは基本的にProを選んでおく方がおススメです。

その他の理由も含めてこの記事に理由をまとめましたのでチェックしてください。

セキュリティレベルが上がるので支障がでることも

盗難・紛失の際には有り難いBitLockerですが
逆にディスクからデータを抜き出したい時やPCをリカバリしたい時に
弊害になることもありますね。

そんなときもサクッと解除可能です。

設定方法

場所はここです

 

BitLocker

ただコンパネからいちいち辿るのは面倒なので検索した方が早いです

windowsキーをおして bi と検索したらこんな感じで表示されます

BitLockerを有効にする

それではさっそく有効にしてみます

えいっとクリックすると、回復キーのバックアップ方法について尋ねられます。

回復キーとは、BitLockerで暗号化したディスクを複合化するときに使うキーのことです。

この回復キーですが、めちゃくちゃ大事です

なくすと暗号化を解除できませんので、絶対なくさない方法で保管しましょう。

ドライブを暗号化する範囲の選択

2種類の範囲を選択できます。

使用する暗号化モードを選ぶ

少し前はこんなのなかったのになぁと思いつつ、続いては暗号化モードを選択せよとのこと。

環境によって検討しましょう。

 

心の準備はいいですか?

最終確認です。心の準備ができたら暗号化を開始しましょう。

暗号化中も作業は可能

だいぶもっさりしますが、BitLocker暗号化中もPC自体は操作可能です。

素晴らしい

BitLocker

勿論、暗号化の解除もできます

実際解除するとこんなふうになります

BitLocker

BitLocker

解除についてはこちらにまとめました

ディスク容量によっても変わるかもしれないですが結構かかります。

なので急ぎでサクッとやるような作業ではないので
十分時間がある時に計画をたてて実行していきましょう。

BitLocker有効化・無効化のポイント

BitLockerを有効・無効化すると、PC内部でごりごり処理がはしります。
できればこの時間はPCをそっとしておきましょう。

スポンサーリンク
Windows
スポンサーリンク
セキュブロ

コメント

スポンサーリンク