Windows11からWindows10へダウングレードする方法

スポンサーリンク

Windows10からWindows11へのアップグレードは
ハードウェアスペックが要件を満たしていれば容易に実行可能です。

しかしWindows11からWindows10へのダウングレードはちょっと違います

これはWindows11へアップグレードする前に知っておいたほうがいいポイントです。

ここではWindows11→Windows10へのダウングレード方法を紹介します。

スポンサーリンク

Windows11からWindows10へのダウングレードはできない!?

結論からしてダウングレードは可能です。

ただし注意事項はあります。

ダウングレードには大きく2種類あり、それぞれ異なる結果をもたらすことに注意してください。

ダウンロード方法は以下2種類です。

  • Windows11アップグレードから10日間の猶予期限内でのダウングレード
  • Windows11アップグレードから10日間の猶予期限を過ぎた後のダウンロード
スポンサーリンク

Windows10→Windows11はどうか

Windows11アップグレードは簡単ですが、必要な要件としてはハードウェアスペックだけです。

Windows11

PC正常性チェックアプリを動かしてアップグレード可能であれば基本的にアップグレードできます。

スポンサーリンク

Windows11アップグレードから10日間の猶予期限がついている

Windows11アップグレードから10日以内であれば
パソコン内のデータを維持しながらサクッとダウンロード可能です。

すぐ戻すことを前提にWindows11へアップグレードする場合はあまり気にすることはありません。

10日間の猶予期限が過ぎたあとは

原則、ダウングレード不可能です。

ただし、Windows10を再インストールすることで同じことを実現できます。

Windowsの公式サイトからダウンロード用のISOを作成してそれを実行すればOKです。

Windows 10 のダウンロード

ただし注意事項として、OSの再インストールなので初期化と同じ事がおきます

パソコン内のデータを保持したままダウングレードすることはできないので
予めすべてのデータを外部記憶装置へ逃がしておかないと大変です。

こんな時に困ったとならないよう
普段からデータは外部記憶装置に保存しておくほうがいいです。

ポイント:普段からデータはパソコン内に保存しないようにしましょう

パソコン内にデータを保存しておくこと自体がリスクだらけです。

パソコン内にデータを残しておくと何がリスクなのか

普段から外部記憶装置ににがしておくほうが圧倒的に便利です。

例えばパソコンが急に故障したらどうしましょう。

取り戻すのに何か月かかるようなことがあってはきびしいですね。

例えば何十年分の家族との思い出の写真が突如0になる可能性だってあります。

残ったのはかろうじてiphoneに残ったここ数年のデータのみ・・。

そんな地獄を見る前に、事前にNASサーバを用意しておけば解決できます。

NASの代表格の一つ、Synologyは私も使ってますが最強です。

HDDの冗長化もできるので、突然HDD故障しても安心です。

スポンサーリンク
Windows
スポンサーリンク
セキュブロ

コメント

スポンサーリンク