Windows11アップグレード要件を満たしているかどうか確認する方法

スポンサーリンク

Windows11へのアップグレードは
ハードウェアスペックが要件を満たしていれば容易に実行可能です。

Windows11
スポンサーリンク

推奨ハードウェアスペックは頻繁に変更されている

このハードウェアスペックの要件ですが、実はコロコロ変わっています。

私のパソコンも当初、推奨スペックを満たしていなかったのですが
今だとOKになっていたりします。

なので、一度NGだったからといって諦めずに何度か確認しましょう。

その確認を簡単に実行してくれるのが

PC 正常性チェック アプリのダウンロード

です

スポンサーリンク

PC 正常性チェック アプリのダウンロード方法

①公式サイトから正常性チェックツールをダウンロード

新しい Windows 11 OS へのアップグレード | Microsoft

②インストーラを実行
③利用規約に合意してインストール

④正常性チェックツールを実行
⑤結果の確認

あれ・・・ ( ,,`・ω・´)ンンン?

スポンサーリンク

想定外のNG・・・

想定外の正常性チェック結果でした。

というのは、実はこのパソコン、少し前までWindows11で動いていたのですが
あまりにも動作が重たく、作業に支障がでていたのでWindows10に戻したんです。

戻した方法はこちらで紹介してます

とはいえ何か月もWindows11で動いていたパソコンです。

なので当然、再度正常性チェックを再度実行してもOKが返ってくることを想定していました。

ところが返ってきたのはNG。

ポイント:ある時にOKになっても、ある時にはNGになっていたりする

Windows11の推奨スペックは頻繫に変更されています。
更にいうと一度OKになったものも例外ではないようです。
(ということは重たい原因はこれだったのか・・・)

正常性チェックツールは必須

やはりコロコロかわる推奨スペックを目視で追っていくのは不可能ですね。

なので正常性チェックツールは必須のものとして何度か使っていきましょう。

そしてそれは、すでにWindows11を利用している方ですら例外ではないかも。。

Windows11アップグレードから10日間の猶予期限

私の場合、Windows11にしてからすでに数か月以上はたっていたので、
サクッと戻せる10日間の猶予期限はとうの昔に過ぎ去っていました。

そうするとWindows10へ戻すにはOSの再インストール以外方法がありません。

少なくともこの記事執筆時点では再インストールしかなく
パソコン内のデータがすべて焼失しますので事前準備が大変です。

ただ私の場合はSynologyのNASを多様しているのでそれほど手間ではなかったです。

パソコン内にデータを残しておくと何がリスクなのか

普段から外部記憶装置ににがしておくほうが圧倒的に便利です。

例えばパソコンが急に故障したらどうしましょう。

取り戻すのに何か月かかるようなことがあってはきびしいですね。

例えば何十年分の家族との思い出の写真が突如0になる可能性だってあります。

残ったのはかろうじてiphoneに残ったここ数年のデータのみ・・。

そんな地獄を見る前に、事前にNASサーバを用意しておけば解決できます。

NASの代表格の一つ、Synologyは私も使ってますが最強です。

HDDの冗長化もできるので、突然HDD故障しても安心です。

SynologyのNASサーバについてはほかにもメリットがありますが
それらをこの記事で紹介しています。

スポンサーリンク
Windows
スポンサーリンク
セキュブロ

コメント

スポンサーリンク