「Googleが掲げる10の事実」英語から日本語直訳比較で見えてくるもの

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google社が設立から数年後に策定されたとされる

「Googleが掲げる10の事実」

これが、今もGoogle社のイデオロギーであり、
当然Google検索エンジンにも反映されるため

SEO対策として普遍的に効果があるものとされています。

「Googleが掲げる10の事実」についてはこちらをご参照ください。

Googleが掲げる10の事実

この「Googleが掲げる10の事実」の英語原文を見ると
日本語版と少々異なる表現がされています。

Googleが掲げる10の事実(英語原文)

Google社の日本人社員が意訳したものが日本語版となっているはずです。

であれば、直訳したらどうなるのか、やはりGoogle翻訳エンジンに聞いてみました。

あえてGoogle翻訳エンジンを使うのは
Google社の事なのでGoogle社に聞くのがベストだろうということです。

なお、Google翻訳エンジンも、どんどん改良されていきます。

本記事は、2020年10月18日時点
Google翻訳結果を基に記載していることを予めご了承ください。

スポンサーリンク

「Googleが掲げる10の事実」はSEO対策に役立つ

Google検索エンジンはGoogle社が開発しているものですので
当然Googleの基本理念がそこに入ってきます。

サイト運営をする上で
Google検索エンジンに評価されるかどうかはとても重要です。

検索エンジンに評価されないサイトに
不特定多数のアクセスが集まってくることはありません。

店舗で言えば、誰もお客さんがいない閑散とした店内といったところです。

どれだけ商品を充実させても
実際に人が来ないのであればその店舗はこの世に存在しないのと同じです。

アクセスがあるからこそ価値を提供できるのであって
アクセス0では当然ですが価値を提供することはできません。

美味しいパンはあるけど、お客さんが一切こないパン屋さんは経営がきびしいですね。

スポンサーリンク

「Googleが掲げる10の事実」は人生の役立つ

この10の事実は、Google社が普遍的に真実であると考えていることで
それらを追及することこそがGoogle社及び人類の成長につながると考えているものです。

決して、Google検索エンジンのSEO対策だけの為に考えられたものではありません。

この10の事実は、日本人が古くから持っていた普遍的な価値観に通ずるところもあります。

この10の事実が、これから生きる知恵・ヒントになってくるように思います。

英語原文・日本語版・Google翻訳を比較していきます

最初は
「ユーザーに焦点を絞れば他のものはみな後からついてくる」
です

コメント

スポンサーリンク